ルーマニアの風とともに
パンフルートの調べ

本講演は終了しました
18時半開場 19時開演
会場:ルーマニア大使館
主催:NPO法人日本ルーマニア音楽協会
出演者:ラドゥ・ネキフォル(パンフルート)
マリウス・トゥッツア (ピアノ)
入場料:会員 7,000円 一般 10,000円
(ルーマニアワインと料理付き)

21
8月 2018
ルーマニア統合100周年記念。世界的に活躍するパンフルート奏者がいよいよ来日!

プログラム

Hora ホラ
(ルーマニア舞曲)

Hora din Caval
ホラ ディン カヴァル
(ルーマニア舞曲)他

Crew

出演者プロフィール

Image

Radu Nechifor
(ラドゥ・ネキフォル)

パンフルート

ゲオルゲ・ザンフィルに師事
ブカレスト国立音楽大学大学院パンフルートコース修士課程卒
ゲオルゲ・ザンフィルは彼についてこのような記事を書いています。
「私はラドゥ・ネキフォルのような才能ある奏者と出会い、才能を披露してくれることを誇りに思う、私の学生だった彼を通じてルーマニアのパンフルートは新しい可能性を得た。」

2017〜現在
チスナディエ市カルチャーハウス総支配人
2006〜現在
ヨーロッパ青少年議会議員の議員として国際的な会議も2回含む、10回以上、会議に参加。主催者、議長、副会長、会長を務める。
インターナショナルYouth協会become(彼が芸術的なフィールドで多数のイベントとフェスティバルを開催)の副代表 2013、2014、2015年
「単に最高」のPan flute story の運営。 メインアーティストとして、Classic,Jazz,Pop-rock,Folklore and Clubbing を演奏。
2008〜現在
スイス国際パンフルートフェスティバルで演奏家として招かれ、世界中の生徒達の指導を行い、コンサートを開催している。
ゲオルゲ・ザンフィルのオーケストラソリスト。
スイス、ドイツ、アメリカ、カナダ、ドバイ、アルジェリアを始め、世界中で演奏している。

Image

Marius Tuta
(マリウス・トゥッア)

ピアノ

マリウス トゥッアは創造性のピアニストです。
アカデミックスクールオブミュージック卒。
マリウスは、偉大なパンフルート奏者であるRadu Nechiforと素晴らしいピアノ演奏を開始し、ルーマニアの民俗音楽、ジャズ、クラシック音楽などの様々なジャンルの音楽をうまく採用しています。
現代人の多くのリスナーを魅了し、人気があります。

パンフルートについて

パンフルートとは、ルーマニアの民族楽器でナイと呼ばれ、歴史は古代ギリシャ時代に遡ります。
世界最古の管楽器とも言われ、ギリシャ神話に登場する牧神パンが吹いていた笛としても知られています。
ルーマニアでは、羊飼いの笛として、伝承され、1950年代にルーマニアのパンフルート奏者ファニカ・ルカ(Fanica Lica)は文化省よってブカレストの音楽院に招かれ、音楽大学の学生達にパンフルートの演奏を教え、この楽器の復興に貢献しました。
ファニカ・ルカの最初の学生に、ゲオルゲ・ザンフィル(Gheorghe Zamfir)がいます。
ゲオルゲ・ザンフィルの演奏により、世界に広く知られるようになりました。
構造は至ってシンプル。葦や竹の筒を色々な長さに切って一列に並べ繋げた楽器です。
パンフルートのピッチの調整は、蜜蝋を筒の下に流し込み行う。ガラスコップを並べて音階を作る際に、中に水の量で調整するのと同じで、ピッチを容易に動かすことが出来ず、ピアノなどの他楽器と合わせるのは容易なことではありません。
奏者の耳とテクニックに委ねられるなど、世界で最も難しい楽器の一つと言われています。
その竹の素朴で美しい音色は一度聴けば忘れることができない。

協賛

チケットに関するお問い合わせ

NPO法人日本ルーマニア音楽協会

  • 東京都港区南麻布4-5-48
    フォーサイト南麻布4階
  • 03 6869 9621
  • info@r-ms.org